今月マジでピンチ!

今月も金欠になった・・・どうする私!?

私は26歳のしがない会社員の女です。
毎日毎日、仕事ばかり。

大学卒業後になんとか滑り込めた中堅どころの企業に就職できたことは
今のご時世、幸せなことなのかもしれません。

だけど、中堅企業とはいえ、いらない社員は容赦なく切る会社。

なので、社員が1人、また1人と切られるたびに仕事のしわ寄せが
残った社員に来るのは当然と言ったところでしょうか。

女性社員といえどもそのしわ寄せを免れる事はありません。

私も同じ部署の人がいなくなった影響で入社当時よりも仕事量は
倍以上に膨れ上がったと自負しています。

仕事が多くて、多くて・・・

同僚も同量の仕事量の為、他の人にヘルプを求めることもできません。
先輩や上司に至っては、私たちの仕事量のさらに倍ほど抱えているようでした。

こんな状況の会社でも本当はありがたいことだということは自覚しています。

私の大学時代の友人には就職に失敗した人、ブラック企業に就職した人もいます。

そんな友人たちの現状を聞くと、仕事量は半端無い量だけれど、
やった仕事分のお給料をもらえているのは恵まれているんだろうなと思っています。

でも、やっぱり今の仕事量は私のキャパシティを超えている。

これもありがたいことだけど、土日祝日は必ず休みをもらえていて、
この時に友人たちとストレス発散に出かけている。

私のストレス発散は食べ歩き。

私の住んでいる地域にはたくさん有名店やテレビで紹介されるような
美味しい食べ物屋さんがたくさん。

少ない就業中の休み時間のなかで雑誌なんかをチェックして友人たちと打ち合わせ。
友人たちとは食の嗜好があっているようで揉めたりせずにお店が決まる。

こんな私。
もちろん色気より食い気。

彼氏なんか作ってる余裕なし

彼氏の影も形もない。

友人たちは彼氏がいたりいなかったりするけど、私と食べ歩きをする時は
それを封印してくれてとてもありがたい。

会社の人や知人、親戚なんかはすぐに彼氏、結婚というけれど友人たちが
それらに全く触れてこないことも食べ歩きが楽しい要因かもしれない。

今は正常な26歳女子としてはあり得ないことかもしれないけれど、
私の生活は食べ歩きによって支えられていると言っても過言じゃない。

今一番はまっているのはケーキバイキング。
特にホテルのケーキバイキングには目がない。
大好きなのはモンブラン!

昼食が終わって、しばらくウィンドウショッピングをした後にケーキバイキングに
直行するというコースがここ最近の食べ歩きコース。

時間いっぱいまで食べ尽くしたら次は夕食のことをかんがえはじめる。
友人たちはたまに辟易しているようだけれどやっぱりやめられない。

そんな日常を過ごしつつ、ふと気がついたこと。
それは、私って自炊をしばらく全くしていないんだなということ。

なんで気がついたかというと、毎月毎月、給料日前に金欠になるから。
一日三食すべて外食だったらそりゃ金欠になるよな。

朝もコンビニやカフェで済ませたりする。
もちろん、味重視で。

そんなことしていたらお金がいくらあっても足りない。
ここ数ヶ月は給料日前に断食するくらい金欠。

今月もまた金欠だ・・・やばいな・・・

まあ、しても1日、2日なのだけれど。
でも、私にとって食の楽しみがなくなるってかなりの痛手。

給料日前はイライラもピークだから連絡を絶ったりしてなんとか乗り切っている。

これを乗り切るためにはやっぱり自炊から始めるべきだろうな。

平日は自炊して、土日にパッと使うようにして節約すれば、金欠にならないはず。

これを友人の中でも最も仲のいい友人に言ったら大爆笑された。
私はいたって真剣だったのに。

友人が言うには、急な出費がある時はどうするのかと。
あ、確かに、全く考えてなかった。

私が食べることが大好きなことはよくわかっているし、それを否定しない。

だけれど、もらった給料と好きなこと、必要経費と急な出費を分けて
家計をやりくりしなくちゃいけないと優しく諭してくれた。

さすが、友人だ。
私のことを理解してくれつつ、諌めてくれたのだ。

この友人に相談してよかった。
次の給料日から友人に教わった家計術を実践して行こう。

今はもうすでに金欠に近い状態だからね。

まあ、それよりもまず、このストレスとともに湧き上がる食欲を
どうにかしなければならないかも。


  • こんな私でもお金を借りられるか!?
  • 銀行と消費者金融は何が違うの?
  • 銀行のカードローンを使うか悩み中
  • 債務整理についても勉強をしておこう
  • 怖いお兄さんは来るのかな・・・
  • 毎月3万円だけの借り入れもできるのか?
  • 毎月どれくらい返済するのがベストなの?
  • 利息ってどうやって計算すればよいのか
  • お金を借りている人は結構多いってホント!?